行政書士 DVD

みなさんは「行政書士」という職業をご存知ですか?
今年に入り、行政書士を題材としたテレビドラマが放映されたので、
名前は 聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

行政書士とは、依頼人に代わって

  • 官公署に提出する書類
  • 権利業務に関する書類
  • 事実の証明に関する書類

の作成・提出をする“代筆屋”です。

さらに、平成20年度の行政書士法の改正により「聴聞代理権」と「弁明代理権」が新しい業務として加わりました。
これは、許認可などに関して行われる聴聞や弁明の手続き、意見陳述のための手続きを代理人として行うことができます。

このように、幅広い業務を手がける行政書士は、受検資格がないうえ、将来、独立開業できるということもあって、その受験者数は毎年8万人!もいるほど、人気の高い国家資格なのです。

そして行政書士は、人気が高いだけでなく、
難易度も高く(合格率は約5%!)、受験者の中には、
5年や10年勉強しても合格できないという人も。
その多くの人たちは、独学で勉強をしていたり、間違った教材選びをしているからなのです。 試験に合格するためには、講義DVDは絶対に必要不可欠といえるでしょう。
そこで、2年前に行政書士試験に合格した私が、試験を突破するための
「教材選び」や「講義DVDの学習効果」、「合格するための勉強法」について紹介します。

教材を見極める目を養い、そして講義DVDをうまく利用して、短期間で
行政書士に合格できるように、みなさん頑張っていきましょう!