行政書士 学習法

行政書士になるための学習法としては、

  • 資格スクールや予備校(通学)
  • 通信教育
  • 独学

の3つがあります。そこで、まずは独学という選択肢は捨ててください。
天才ならまだしも、独学で合格できるような簡単な試験ではないのです。

そして次に、資格スクールや予備校(通学)ですが、これは毎週決まった曜日や時間に通わなくてはいけないため、学生や無職の人であれば可能ですが、 何かと忙しい社会人は困難だと思われます。
そのうえ、受講料が高いので私としてはオススメしません。

そして、最後に通信教育ですが、
行政書士になるにはこの学習法を選ぶのが賢明。
実際に私も通信教育を選択し、1年間の学習で合格できたからです。

<通信教育の最大のメリット>としては、
①自分の好きな場所・時間に学習できる
②受講料が安い

ということではないでしょうか。

逆にデメリットとして考えられるのは
①予備校と違って講師に質問ができない
②目標を共にするライバルがいない
③途中で挫折してしまう

などですが、
それぞれについて、私なりに解決いたしましょう。

①について⇒ 通信教育の多くは、メールなどで質問を受け付けてくれるので、疑問点はそこで解決できます。
②について⇒ 学生気分で勉強をしたい人であれば別ですが、
基本的には勉強をするのは自分一人なので、ライバルは必要ないのでは?と思います。
さらに、ライバルがいることによって、人間関係に疲れたり、余計な情報に振り回されたり、ということもありますので。
③について⇒ 途中で挫折してしまうのであれば、それは最後までやり切る自信がないということ。はじめから勉強しない方がましです。
そんな覚悟では、まず合格は不可能です。

どうでしょう。少しは解決できましたか?
要は合格できるできないは、自分次第っていうことなのです。